FC2ブログ
接吻、キス、ベロチュー特に小沢とおる氏のファンのためのブログ
プロフィール

麻美子

Author:麻美子
セックスをカジュアルに語ります。奥の深~い、ミステリアスな性の世界が大好き。

セックスグッズ

男は自慢のペニスに♪女は自信の
名器へ大改革♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
訪問して下さった人数

相互リンク募集その他

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一般に割礼とは、陰茎の包皮を丸く環状に切り取る風習のことで、諸種族の間で古くから行われてきました。ユダヤ教では生後八日目の男児に対して宗教的儀礼として行われてきたし、他の宗教の国でも同じようなことが実際にあります。宗教的戒律に加えて衛生的な意味もあるからということです。

男だけに限らずに、女性も八歳から十一歳くらいまでにクリトリスや小陰唇を切断するといいます、現在では考えられないことも実際に行われてきました。エジプトなどでは紀元前から行われていた大事な儀式で、全身を捧げる代わりとして身体の一部を犠牲にしたということのようです。

またアフリカのある地域では、女性の性器が異常に発達していて、セックスの刺激にあまりにも敏感だったから、他の男性とセックスしないように女性の割礼を行うようになりました。

クリトリスや小陰唇を切り取れば、性感が鈍くなっても性欲も減退すると考えられていたようで、かわいそうに男性の身勝手でチョキチョキと切断されてしまっていたということになります。

小陰唇はその根元からばっさりと切り落とされ、傷口は冷水で冷やしてミルクで洗うだけでした。

クリトリスの場合も同様で、クリトリスに糸を通して引っ張って切り取ったらしいのです。

いずれにしても何とも痛ましい限りですが、男性の割礼にくらべてはるかに激痛らしく失神者も多かったといわれています。

ところが女性の性感帯はクリトリスと小陰唇だけではないので、よりヴァギナで快感を得ることになりました。そのために巨大なペニスを求めるようになったという皮肉な話もあったらしいです。

女性をセックスの虜にさせてしまうテクニックは、一度習得すれば人生に大きな変化を与えるでしょう。運転免許より実用的かもしれませんね(笑)
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:パンティー - ジャンル:アダルト

<< セックスのタブー // HOME // 俗に”フランス式”。いったいこれ何のこと? >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sextechnic.blog96.fc2.com/tb.php/64-1bc617b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
Copyright:(C)2007~2009 セックステクニック&セックス雑学. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。