FC2ブログ
接吻、キス、ベロチュー特に小沢とおる氏のファンのためのブログ
プロフィール

麻美子

Author:麻美子
セックスをカジュアルに語ります。奥の深~い、ミステリアスな性の世界が大好き。

セックスグッズ

男は自慢のペニスに♪女は自信の
名器へ大改革♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
訪問して下さった人数

相互リンク募集その他

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キスは愛の証しといっても過言ではないほど、男女にとっては大切な性戯です。フーゾクなら、キスなしで即インサートということもありますが、ノーマルなカップルであれば、セックスの最初にキスは必ずするはずです。それはなぜでしょうか?口唇は男女を問わず、性器同様の性感帯の一つだからです。

そもそも人間の体の中で、穴の開いているところは全て、性感帯であるといってもいいです。そういった部分には、必ず感覚受容器や末端神経が密集しています。

なかでも口は、膣や肛門といった”下半身の口”と並ぶ、人体最大の穴です。原理的にいっても、ここが感じないといったことはまずあり得ません。

キスの方法は、国、民族によりさまざまですが、北米のクワキウトル・インディアンや太平洋のトラック諸島、あるいはトロブリアント島の人たちのキスは、互いに唇を吸い、唾液を交換するものです。アメリカ人の形式的なキスと比べて、何と深遠なやり方でしょうか。

この唾液の交換という方法は、互いの愛情表現を伝えるためのものですが、日本でも、古くから”口吸い”という似たようなテクニックがありました。

ところで、セックスの時に性的興奮が高まるにつれて、お互いに吸い合うツバの感触が微妙に変わってくることを知っているでしょうか。はじめはサラサラと水のようなツバが、昇りつめるとねばっこく変化していきます。

これは、唾液の分泌が自律神経によって調整されているためです。リラックスした状態なら副交感神経によるサラサラ、緊張した状態なら交感神経が出すねばっこいツバといったように唾液の質が変わるのです。

ちなみに、ディープキスだけでオーガズムに達する女性は少なからずいますが、男性にはほとんどいないようです。




女性をセックスの虜にさせてしまうテクニックは、一度習得すれば人生に大きな変化を与えるでしょう。運転免許より実用的かもしれませんね(笑)


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ:金髪・外国人美女大好き! - ジャンル:アダルト

<< できる男は耳で女性をイカせる。 // HOME // 気持ちのいいセックスをするためには部屋の色にも気を使いましょう >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sextechnic.blog96.fc2.com/tb.php/52-6369df74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
Copyright:(C)2007~2009 セックステクニック&セックス雑学. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。