FC2ブログ
接吻、キス、ベロチュー特に小沢とおる氏のファンのためのブログ
プロフィール

麻美子

Author:麻美子
セックスをカジュアルに語ります。奥の深~い、ミステリアスな性の世界が大好き。

セックスグッズ

男は自慢のペニスに♪女は自信の
名器へ大改革♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
訪問して下さった人数

相互リンク募集その他

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生理中の女性がいわゆる「感じやすい」という俗説をよく耳にします。生理中にセックスをしたことがある人なら、彼女の反応の鋭さやセックス後の感想を聞いて、あながちウソと否定できないという人もいるのではないでしょうか。

月経というものは、その間、黄体ホルモンが増加するから生理学的には性欲や性感度は逆に抑えつけられるはずなのですが、男女に関係なくセックスの欲求は、ホルモンによって完全に左右されているわけではないようです。

それよりもむしろ精神的なもの、心理的なものがかなり女性の性欲に影響しているのです。

つまり、月経中はごく特殊な例を除いて「絶対に妊娠しない」という安心感が女性に働きます。妊娠を心配するようなセックスだとやっぱり感情の昂ぶりをそがれるし、反対に妊娠を恐れないセックスなら、精神的に開放されて性感度が強くなるというのは、容易に想像できます。

ある調査機関が生理中の心理状態を知るために、女性にアンケートをおこなった結果、生理中はイライラしがちで精神的に不安定な状態にあるとほとんどの女性が認めています。

しかもどんな衝動に駆られるのかという質問に対しては、ショッピングをしたり、大きな音で音楽を楽しんだり、セックスをしてストレスを解消すると回答した女性が多かったといいます。

そのときのセックス自体は、かなり激しく全身が性感帯みたいだったと答えています。

このことからも、生理中の女性が平時以上の快感を得やすいというのは、あながち間違いではなさそうです。

ただし精神的な安心感があってこそ「感じやすく」なるのだから、ただでさえデリケートな女性たちの誰でもが”燃える”というわけではありません。

自分の月経に濡れたシーツを見て、不愉快になる女性も多いということを忘れてはいけません。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ:エッチな体験 - ジャンル:アダルト

<< 太った女性には愛のボディタッチも通じない? // HOME // 男の精液は肌にいいってホント? >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sextechnic.blog96.fc2.com/tb.php/5-76894348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
Copyright:(C)2007~2009 セックステクニック&セックス雑学. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。