FC2ブログ
接吻、キス、ベロチュー特に小沢とおる氏のファンのためのブログ
プロフィール

麻美子

Author:麻美子
セックスをカジュアルに語ります。奥の深~い、ミステリアスな性の世界が大好き。

セックスグッズ

男は自慢のペニスに♪女は自信の
名器へ大改革♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
訪問して下さった人数

相互リンク募集その他

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シベリアはトボクリスの寒村に、貧農の倅としてラスプーチンがこの世に生を授かったのは、1871年頃とされています。奇しくもこの年の1月23日、シベリアに巨大隕石が落下しています。その謎に包まれた生涯を暗示するかのような出来事です。

「肉の罪を犯せば犯すほどあなた方は自由になり、神に近づける」

怪僧ラスプーチンの教えです。

彼によれば、セックスは肉の清めであり、その儀式はときに修道僧、尼僧、信者まみれての酒池肉林の乱交パーティーと化していたそうです。今でいうセックス教団です。

また彼自身も性豪で、一晩で複数の女性を平気で相手にし、何回でも可能だったというから恐ろしいです。これも怪僧なれではの神通力でしょうか。

ラスプーチンがロシアの首都ペテンブルグに現れたのは1907年頃です。

彼は自らを神の使途であり聖者であると名乗り、各地を巡礼・放浪した後、皇帝ニコライ2世の長子アレクセイの不治の病、血友病をその神がかりな力で治したとされています。このときアレクセイオウジは彼に謎めいた怪しい薬を飲まされていたらしいですが、いずれにしても王子は快方に向かったのです。

これを期に、ラスプーチンは神秘的な力とセックスで、ロシアの政治を裏で牛耳る事になります。宮廷の貴婦人たちのほとんどがその肉欲の渦に巻き込まれていきました。

よほど言葉巧みで、セックスのほうもテクニシャンだったのだろう。彼の常軌を逸した信奉者の一人、皇帝アレクサンドラも、彼の神通力というよりセックスの虜になっていたといわれています。

しかし彼の放埒無比な行動に反感をもつ者も多く、1916年12月16日、皇帝反対派に暗殺されました。その死に様もまた伝説的です。

青酸カリを大量に混入したワインと菓子を食しても、彼は2時間あまり平然としていました。一個中隊の兵士を全員殺せるほどの量だったといいます。

さらに焦った暗殺者はピストルで彼の心臓を打ち抜いてとどめを刺します。が、またすぐに息を吹き返したといいます。

結局、ペトログラード郊外を流れるネバァ川の氷の下に投げ込まれ、ようやくその強靭な生命を絶ちました。

このときも、彼が前から目をつけていた女性とセックスができるということで、ワナだとも知らずにノコノコと出てきたといいます。よほど女性が好きで、それ以上にセックスが好きだったのでしょう。









女性をセックスの虜にさせてしまうテクニックは、一度習得すれば人生に大きな変化を与えるでしょう。運転免許より実用的かもしれませんね(笑)

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:みんなのオススメ(アダルト版) - ジャンル:アダルト

<< 数多くの男を魅了したセックスシンボル、マリリン・モンローの孤独 // HOME // 俳人・小林一茶は、日記になんとセックスの回数まで記録していた >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sextechnic.blog96.fc2.com/tb.php/47-aca48a17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
Copyright:(C)2007~2009 セックステクニック&セックス雑学. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。