FC2ブログ
接吻、キス、ベロチュー特に小沢とおる氏のファンのためのブログ
プロフィール

麻美子

Author:麻美子
セックスをカジュアルに語ります。奥の深~い、ミステリアスな性の世界が大好き。

セックスグッズ

男は自慢のペニスに♪女は自信の
名器へ大改革♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
訪問して下さった人数

相互リンク募集その他

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「やせ蛙 負けるな一茶 ここにあり」など朴とつな作風で知られる俳人、小林一茶が結婚したのは52歳の時です。妻となったのは28歳の女性で、歳の差は実にふた周りもありました。

一茶の性欲は、その歳にもかかわらずかなり深かったと見えて、妻の菊との性生活も相当激しかったようです。「7番日記」では、なんと彼女とのセックス回数までが記録されています。

一部を抜粋すると、文化12年(1815)十二月五日「晩一交」、二一日「暁一交」、二三、二四、二五、「旦一交」そして二九日には「五交」、翌年の正月八日は「旦一交」。三月二一日には「菊女去七月孕ミテヨリ二百七十日ナレバ出産チカキニヨリ」、つまり妻・菊が前年七月に妊娠して出産が近い、という記述を境にこの間の記録は終わります。ちなみに暁とは明け方、旦とは朝を差します。

彼の日記はきわめて簡略化されていて書かれており、その日の全てのできごとが記録されている訳ではありません。それだけに、一茶がいかにセックスを日常の中で重んじていたかが、よくわかるというものです。

それにしても52歳にして、激しい時は毎日、記録的なのもで1日5回とは恐れ入ります。しかも一茶はセックスをするにあたって、自分で栽培して作った強精植物を多量に服用していたらしいです。まさに老体にムチ打って、という表現がピタリときます。

そこまでして性が貪欲なのは、一説によると幼年期、若年期に受けた精神的抑圧の反動によるものだといいます。幼くして母親と祖母を亡くした一茶は、その後、継母親子から迫害されて、ときには暴力による虐待さえ受けています。やがて父親も亡くして、天涯孤独ともいえる青年時代をすごしました。

研究者は、これをすなわち老人性異常性欲的傾向としていますが、真相はもちろんわかりません。蛇足ですが、文化13年4月14日に生まれた待望の長男は、同じ年の5月11日に死亡しています。生涯をとおして不遇な人生を送った人なのです。








女性をセックスの虜にさせてしまうテクニックは、一度習得すれば人生に大きな変化を与えるでしょう。運転免許より実用的かもしれませんね(笑)

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ:アナルSEX - ジャンル:アダルト

<< 女性たちをセックスで次々と虜にしていった快僧ラスプーチン // HOME // 不老長寿の秘訣は処女とのセックス!?毛沢東の秘密の性生活 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sextechnic.blog96.fc2.com/tb.php/46-2c2812d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
Copyright:(C)2007~2009 セックステクニック&セックス雑学. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。