FC2ブログ
接吻、キス、ベロチュー特に小沢とおる氏のファンのためのブログ
プロフィール

麻美子

Author:麻美子
セックスをカジュアルに語ります。奥の深~い、ミステリアスな性の世界が大好き。

セックスグッズ

男は自慢のペニスに♪女は自信の
名器へ大改革♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
訪問して下さった人数

相互リンク募集その他

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セックスの多様化に伴い、アナルセックスの体験者は増加傾向にあります。

大便を排泄する肛門を不浄な部位として、アナルセックスに対して嫌悪感をあらわにする女性も少なくありませんが、古代ギリシャの哲学者アリストテレスが「肛門は第二の性器である」といっているように、すでに2000年以上の昔から、肛門は性器に準ずる存在とされてきたのです。

これは単に膣が近く、同じ穴だという単純な共通項をもって導き出されたわけではありません。

肛門の周囲にある括約筋と挙肛筋は、会陰を中心に八の字形で膣の筋肉とつながっていて、神経系統も膣と肛門にはひとつの神経が枝分かれして広がっています。

こうした筋肉と神経の連携によって、肛門自体は性感をキャッチできなくとも、その刺激は陰部神経を通りダイレクトに女性器へ伝わるのです。

女性の膣は興奮が高まるにつれ収縮するのですが、この際、肛門も膣と同じように収縮を始めます。その収縮圧は膣圧より高く、絶頂のそれは、人によってバナナを皮ごとちぎってしまうほど強いのです。

「肛門は一度味わうと病みつきになる」といわれるのは、こうした締めつけのよさも手伝っているのです。

しかし、敏感な反応を示す菊座といわれる入り口に対し、肛門内部は鈍感で裂傷や細菌に弱い直腸。激しく愛撫して傷でもつけようものなら大事に至る可能性は高いです。指やペニスを挿入する場合は細心の注意を払って行いたいものです。



女性をセックスの虜にさせてしまうテクニックは、一度習得すれば人生に大きな変化を与えるでしょう。運転免許より実用的かもしれませんね(笑)

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ:アナルSEX - ジャンル:アダルト

<< 妊娠中のセックスは妊婦にとって危険? // HOME // 女性はなんと70歳になっても濡れる!? >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sextechnic.blog96.fc2.com/tb.php/41-4026685d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
Copyright:(C)2007~2009 セックステクニック&セックス雑学. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。