FC2ブログ
接吻、キス、ベロチュー特に小沢とおる氏のファンのためのブログ
プロフィール

麻美子

Author:麻美子
セックスをカジュアルに語ります。奥の深~い、ミステリアスな性の世界が大好き。

セックスグッズ

男は自慢のペニスに♪女は自信の
名器へ大改革♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
訪問して下さった人数

相互リンク募集その他

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性には、男性の勃起にあたる顕著な興奮サインはありません。では、セックス中男性がいかにして女の興奮を知るかといえば、膣液の分泌に他なりません。

セックス中、多くの男性は膣液が湧き出し女性器が濡れるのを、挿入のゴーサインとしているのです。

しかし、挿入前の愛撫で膣液をだすのは難しいことではないのですが、女性器が濡れるメカニズムは意外と複雑です。というのも、膣内には膣液が3種類も流出しているのです。

ひとつは、雑菌の侵入と繁殖を防ぐために常に分泌されているグリコーゲンで、興奮とは全く関係のない液体です。約1ccしか分泌されないために、指で触ってもわかりにくいはずです。

2つめが、膣入り口付近のバルトリン腺という膣分泌腺から出る膣液です。
 
昔は、この膣液がいわゆる愛液だと医学上考えられていましたが、滑らかで粘り気の無いこの液体は、愛液とは異なるものである事が最近になって判明しました。

愛液といわれる膣液は、ムコイドという糖タンパクを含有します、独特の粘り気を持った3つめの膣液であったのです。

この液体は、女性器への刺激で膣内の温度が上昇して、膣壁の静脈の血管が充血すると、自然に膣壁全体から発汗するように滲み出てきます。

いわば、膣の汗なのです。膣内の温度が高くなるにつれて、汗の量も多くなります。

その粘り気が潤滑油となり、ペニスのインサートをサポートするわけです。


女性をセックスの虜にさせてしまうテクニックは、一度習得すれば人生に大きな変化を与えるでしょう。運転免許より実用的かもしれませんね(笑)

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:不倫・セフレ・大人の出会い - ジャンル:アダルト

<< セックスでより快感を高める体位はズバリこれ // HOME // 男の人気体位の1位は後背位!女性の1位は正常位 >>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/08/02 Thu】 // # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sextechnic.blog96.fc2.com/tb.php/37-82458410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
Copyright:(C)2007~2009 セックステクニック&セックス雑学. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。