FC2ブログ
接吻、キス、ベロチュー特に小沢とおる氏のファンのためのブログ
プロフィール

麻美子

Author:麻美子
セックスをカジュアルに語ります。奥の深~い、ミステリアスな性の世界が大好き。

セックスグッズ

男は自慢のペニスに♪女は自信の
名器へ大改革♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
訪問して下さった人数

相互リンク募集その他

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セックス中の男女に各種測定器をつけ、その結果を大型コンピューターで脳波と様々な体の変化を分析。その結果、性的に興奮すると視床下部から特殊な脳波、シータ派が出てくるということが判明しました。

このシータ派が絶頂時に発生する時間は、女性なら20秒から45秒で平均すると23秒、これに対して男性の場合は1,5秒から3秒、平均1,7秒になり、女性に比べて問題にならないくらい短いのです。

この時間差によって、お互いが同時に「イク」タイミングにズレが生じて、女性が男性に早漏だと勘違いすケースが多いのですが、このタイミングをはかる方法というものはあるのでしょうか?

興奮曲線というものがあります。これは色々な雑誌で取り上げられることが多いのですが、その真偽は信用しがたいのもがあります。それは女性が興奮している事を示す発刊量や心拍数のほか、いったい何を根拠に作られたかわからないグラフだからです。

しかし、シータ派の発生を参考にすれば、この興奮曲線も正確に描く事が出来ます。これに照らし合わせると男のピーク、つまり射精の後でも女性のエクスタシーはまだ平均8秒前後、継続している事がわかるのです。

これは男性の射精と女性のエクスタシーの間には平均8秒のズレがあることを示しています。まさにこの8秒のズレが女性を絶頂感に導く上で大きな障害となっています。

女性側からすれば、女性はまだエクスタシーの快感に酔っていたいのに男性だけさっさとイッてしまって途中で放り出された錯覚を覚えるのです。

これを克服するための方法は存在ます。女性に最後までエクスタシーを味わってもらうためにこの8秒のズレを修正するのです。

男性はエクスタシーを感じ、いよいよ射精という状況になったら、いつもより8秒間ガマンするのです。8秒待つ。たったこれだけの努力によって女性にエクスタシーを与えることができるというわけです。

長ければいいというものでもありません、あくまでも女性と波長を合わせる。タイミングこそが女性にエクスタシーを与える最高の要素なのです。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:SEXノウハウ - ジャンル:アダルト

<< 前戯にはどれくらいの時間をかけるべきか? // HOME // 女性のオーガズムはセックス開始から15分後に訪れる? >>
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/12/15 Sat】 // # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sextechnic.blog96.fc2.com/tb.php/28-7a9c7e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
Copyright:(C)2007~2009 セックステクニック&セックス雑学. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。