FC2ブログ
接吻、キス、ベロチュー特に小沢とおる氏のファンのためのブログ
プロフィール

麻美子

Author:麻美子
セックスをカジュアルに語ります。奥の深~い、ミステリアスな性の世界が大好き。

セックスグッズ

男は自慢のペニスに♪女は自信の
名器へ大改革♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
訪問して下さった人数

相互リンク募集その他

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「女性は長い間セックスしないでいると、アソコにクモの巣が張る」

いくらなんでも、本当に言葉どおり信じている人はいないだろうが、確かに気になる言葉ではあります。

たとえ、スポーツマンがどんなに鍛え上げた筋肉でも、使わなければすぐにその筋力が低下してしまうことは、周知の事実だからです。

処女はもちろん、経験者でもセックス回数が少ない女性は、ペニス挿入時の抵抗感は強いものです。

これは膣に男性が快感を感じられるような適度な柔らかさがそなわっていないためです。

膣を柔軟化させるのは、プロスタングランディンという物質の働きによる事は先日エントリーしたとおりです。これには筋肉の繊維組織を柔らかくする性質があり、分娩時やセックス時のペニスが出入りする時に分泌されます。

ある程度定期的にセックスしていると、プロスタングランディンが分泌される機会も多いので膣は柔らかく保たれますが、逆に少ないと、その機会も当然減少して膣は柔らかくならないのです。

さらに歳をとるとともに女性の膣は萎縮します。膣の発育には、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンが大きな影響を与えていますが、20代から30代をピークにこの物質の分泌は減少して、それとともに膣が萎縮するのです。

厳密に言えば、多少の伸展が見られた後に萎縮へといたるわけですが、ともかくこれは生理的メカニズムゆえに、どんな女性も避けられません。

またホルモンだけに限らず、セックスの多少によっても、膣の萎縮の度合いに差が見られることがわかっています。回数が少ないほど膣の萎縮する傾向が強いのです。

つまり年齢を重ねるのと同時に、セックスをしなければしないほど、膣は萎縮し柔軟度も欠いていくというわけです。その結果、ペニス挿入時の抵抗も増し、快感も損なわれます。これをすなわち「クモの巣がはる」と称し、ペニスが入りにくくなる様を表現したのです。

「女性器は使わないとクモの巣がはる」という俗説の一つのたとえとして、医学的にはけっしてまちがいではないのです。俗説とはいえ、あなどれないものです。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
<< 青春のアカシ”夢精”って女性にもある? // HOME // 処女膜の有無だけで”処女”を判断してはいけない >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sextechnic.blog96.fc2.com/tb.php/20-e798d12c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
Copyright:(C)2007~2009 セックステクニック&セックス雑学. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。