FC2ブログ
接吻、キス、ベロチュー特に小沢とおる氏のファンのためのブログ
プロフィール

麻美子

Author:麻美子
セックスをカジュアルに語ります。奥の深~い、ミステリアスな性の世界が大好き。

セックスグッズ

男は自慢のペニスに♪女は自信の
名器へ大改革♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
訪問して下さった人数

相互リンク募集その他

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世の中には相手の女性が処女かどうかにこだわる男性が多いようですが、その確認方法は処女膜の有無でしかありません。では、処女膜が無い女性は、みんな経験ずみということになるのでしょうか?

処女膜は膣口近くにあって、膣を取り巻いている粘膜状のヒダです。唇の裏側の粘膜と同じ組織を持っています。膜といっても膣に覆い被さるようにあるわけではありません。

形状には個人差がありますが、一番多いのは中央に穴の開いたフリル状の環状処女膜といわれるものです。

幼い頃は小さくて厚いこの処女膜ですが、成長するにつれて大きく薄いものになります。成熟した女性の処女膜は直径1~1.5cm位、穴は7mm~1cm、厚さは周辺部が厚く、中央部に向かうにつれ薄くなるのですが、平均2~3mm程度です。

この処女膜、もとはというと、進化する過程で、後に尿道となる尿生殖洞に膣ができるときに残ったものなのです。

まれなことなのですが、これが完全に開口する場合があり、その結果処女膜なしの女性が誕生する事もあるのです。

それとは逆に、開口が不十分な場合もまれにあります。

この場合は非常に厚く強い処女膜や、開口していない処女膜の女性が誕生する事もあるのです。

また女性の処女膜の性質として弾力性というものがあります。

激しい運動やハードなペッティングによって破れる弱い膜もありますが、中にはペニスを挿入しても、自在に伸縮して破れない膜だってあります。こんな膜の事を寛容性処女膜といいます。

このように処女膜にはいろんなタイプがあって、出血の有無だけでは女性が処女か非処女かなんて判断できません。くれぐれもはやとちりには気をつけましょう。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:綺麗なお姉さん - ジャンル:アダルト

<< 長い間ご無沙汰してしまうとどうなってしまう? // HOME // 女性自身は子供を産んでもちゃんと元にもどるもの? >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sextechnic.blog96.fc2.com/tb.php/19-6389bde9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
Copyright:(C)2007~2009 セックステクニック&セックス雑学. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。