FC2ブログ
接吻、キス、ベロチュー特に小沢とおる氏のファンのためのブログ
プロフィール

麻美子

Author:麻美子
セックスをカジュアルに語ります。奥の深~い、ミステリアスな性の世界が大好き。

セックスグッズ

男は自慢のペニスに♪女は自信の
名器へ大改革♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
訪問して下さった人数

相互リンク募集その他

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TENGAに5分で温もりを与える専用アクセサリ。

TENGAの人気作2種がマイナーチェンジbyソフトチューブカップ。

マジ俺~~ガチで逝っちゃっていいッスか?



母子相姦はこわいです。将来の家庭崩壊につながる恐れがあります。他の近親相姦とはちょっと異質です。といいますのも、息子は母親にとって最愛の血をわけた分身であり、恋人であり、セックスパートナーであります。一人三役を兼ねる存在であり、自分の夫以上に情愛を注ぐ対象となります。子供の恋人は、母親にとっては恋仇であり、かわいい息子を奪い去る悪魔としか捉えません。だから、息子の結婚の邪魔をするものです。結婚すればしたで、若嫁を憎み、いびりぬきます。結婚後も息子との肉体関係を続け、息子も嬉々としてそれに応じ、ついに嫁にみつかり、びっくりした嫁は里に逃げ帰り、その事実を言いふらす・・・といった最悪のケースも知っています。

結論としては、母子関係の続いている間は絶対に結婚してはいけません。三十五~四十歳でまだ独身ろ続けている人もあり、それなりに評価できます。ホモの場合と違って、母親の高年化で解消できます。相手が再婚の中年のパートナーであっても、結婚の可能性は残されていますが、若い女性とは絶対にセックスがうまくいきませんから相手に選んではなりません。

母子相姦になった時に一番注意を要することは、外部への秘匿と母親の避妊です。我が子の児を体内に宿し、中絶した母親は決して少なくありません。なんとも気の毒な悲喜劇です。

母子相姦多発の原因は、単身赴任を是とする日本独特の社会通念と、少子出産による過保護ママの多発です。なかでも、海外長期単身赴任は最も危険です。単身赴任が決まったならば、このような悲劇の発生を予見して、夫たるものは家屋の設備その他に十二分の配慮をし、改造処置をやっておかなくてはなりません。




スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

// HOME //
Copyright:(C)2007~2009 セックステクニック&セックス雑学. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。