FC2ブログ
接吻、キス、ベロチュー特に小沢とおる氏のファンのためのブログ
プロフィール

麻美子

Author:麻美子
セックスをカジュアルに語ります。奥の深~い、ミステリアスな性の世界が大好き。

セックスグッズ

男は自慢のペニスに♪女は自信の
名器へ大改革♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
訪問して下さった人数

相互リンク募集その他

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セックスの多様化に伴い、アナルセックスの体験者は増加傾向にあります。

大便を排泄する肛門を不浄な部位として、アナルセックスに対して嫌悪感をあらわにする女性も少なくありませんが、古代ギリシャの哲学者アリストテレスが「肛門は第二の性器である」といっているように、すでに2000年以上の昔から、肛門は性器に準ずる存在とされてきたのです。

これは単に膣が近く、同じ穴だという単純な共通項をもって導き出されたわけではありません。

肛門の周囲にある括約筋と挙肛筋は、会陰を中心に八の字形で膣の筋肉とつながっていて、神経系統も膣と肛門にはひとつの神経が枝分かれして広がっています。

こうした筋肉と神経の連携によって、肛門自体は性感をキャッチできなくとも、その刺激は陰部神経を通りダイレクトに女性器へ伝わるのです。

女性の膣は興奮が高まるにつれ収縮するのですが、この際、肛門も膣と同じように収縮を始めます。その収縮圧は膣圧より高く、絶頂のそれは、人によってバナナを皮ごとちぎってしまうほど強いのです。

「肛門は一度味わうと病みつきになる」といわれるのは、こうした締めつけのよさも手伝っているのです。

しかし、敏感な反応を示す菊座といわれる入り口に対し、肛門内部は鈍感で裂傷や細菌に弱い直腸。激しく愛撫して傷でもつけようものなら大事に至る可能性は高いです。指やペニスを挿入する場合は細心の注意を払って行いたいものです。



女性をセックスの虜にさせてしまうテクニックは、一度習得すれば人生に大きな変化を与えるでしょう。運転免許より実用的かもしれませんね(笑)

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:アナルSEX - ジャンル:アダルト

高齢化社会が到来した今、シルバー世代のセックスライフに関心が集まっています。

高齢になると、肉体の性的機能そのものが停止すると考えている人も多いようですが、勃起不全によって性行為の終焉を迎える男性に対して、女性は衰退こそすれ機能は死ぬまで停止する事はありません。

10代から20代にかけて急激に性能力が高まる男性は、40代を境に急速に精力が低下します。壮年期にかけ、勃起力の衰弱や射精後の回復力の鈍化は、自覚できるほど顕著になります。

一方の女性の性的ピークは30代のなかば。その後、閉経(生理が上がること)までコンスタントな性能力を維持します。

閉経後は、卵巣に女性ホルモンの分泌が少なくなるため、膣壁が薄くなり、膣内はカサカサした状態になりますが、性能力自体は持続します。閉経した女性でも頻繁にセックスを行っていれば、性機能はそれほど衰える事はありません。

俗に「(生理が)あがった女性の女性器にはカビが生える」などとひどい言われ方もしますが、これは閉経の有無ではなくセックスの頻度によるものです。

閉経前の女性でも、長期間セックスをしていなければ卵巣が刺激されず、女性ホルモンの活動が行われないために、膣の自浄作用が低下するとともに雑菌はたまります。現実にカビが生えることだってないとは言えません。

女性の性機能は、年齢ではなくて、セックスの回数、セックスの内容に比例する訳です。

当然、愛液の分泌量も老化によって少なくなってきても、完全に濡れなくなる事はありません。あるリポートによれば、70歳の女性でも、かつての性体験などを想像することによって濡れるというデータもあります。女性の性欲は生ある限り終わることはありません。


女性をセックスの虜にさせてしまうテクニックは、一度習得すれば人生に大きな変化を与えるでしょう。運転免許より実用的かもしれませんね(笑)

テーマ:かわいい子 - ジャンル:アダルト

女性誌で「セックスできれいになる」という特集は毎回大当たりになっています。医学的にはなんら根拠のない説ですが、全くのデタラメとはいいきれません。

セックスで精神的な充足を得ることで、当人の顔の表情が明るく生き生きしてくるのならば、間接的ではあっても、女性が美しくなるサポート的役割をセックスがしていることになります。

セックスに絡んだ美容や健康の俗説は他にも多々あります。なかでも日本ならず、欧米でも流布される「精液が美顔にいい」という風聞も、その一例です。

客の精液を顔面に浴びたアメリカの売春婦が、一夜明けて鏡に向かうと顔の肌にツヤがあり、シワさえもなくなったというまことしやかな話が、この噂の根源ともいわれています。

さらに精液には、美顔効果が実証されている卵と同じタンパク質が多分に含まれていることが、この説にリアリティーをもたせています。

ですが、残念ながら精液の主成分はタンパク質と前立腺液などの水分だけであり、卵のような栄養バランスのとれた成分を含有しません。毎晩男性の精液を顔にパックしたところで効果は期待できないのです。

同じ類に「セックスでダイエットできる」という説もありますが、こちらは、発汗によって痩身効果が期待できる以上の医学的根拠は何もないようです。

とはいえ、快感以外に、これだけの副次的効果を期待されるセックス。性が手軽になった時代とはいえ、まだまだその神秘性は健在のようです。


女性をセックスの虜にさせてしまうテクニックは、一度習得すれば人生に大きな変化を与えるでしょう。運転免許より実用的かもしれませんね(笑)

テーマ:オナニー - ジャンル:アダルト

人によって好きなセックス体位は様々だと思いますが、男にとって締りのいいセックス体位というものはやっぱり興味のあるところです。締まりの善し悪しで快感の度合いもグンと変わってくるのですから。

ここでは実際に膣圧計を使って、セックスの体位と締まりの関係を調べた実験データを紹介します。

普通の正常位 38mg

足を閉じた正常位 36mg

腰を床から離した正常位 34mg

男の胸に体を密着させた女性上位 51mg

上半身を真っすぐ起こした女性上位(膝を床に付けた場合) 57mg

上半身を真っすぐ起こした女性上位(膝を床に付けない場合) 62mg

四つんばいになった後背位 44mg

顔と胸を床に付けた後背位 30mg

対面座位 50mg

背面座位 54mg

対面立位 50mg

背面立位 56mg

対面測位 38mg

背面測位 31mg

松葉くずし 38mg


と女性上位がダントツ、しかも女性が男性の上でスクワットするようなスタイルが唯一60mgを突破して、堂々のトップでした。グイグイ締め付けられる体位が好きな方は女性上位に限るようです。男泣かせのこのセックス体位、一度お試しください。


女性をセックスの虜にさせてしまうテクニックは、一度習得すれば人生に大きな変化を与えるでしょう。運転免許より実用的かもしれませんね(笑)

テーマ:アダルトグッズの数々 - ジャンル:アダルト

女性には、男性の勃起にあたる顕著な興奮サインはありません。では、セックス中男性がいかにして女の興奮を知るかといえば、膣液の分泌に他なりません。

セックス中、多くの男性は膣液が湧き出し女性器が濡れるのを、挿入のゴーサインとしているのです。

しかし、挿入前の愛撫で膣液をだすのは難しいことではないのですが、女性器が濡れるメカニズムは意外と複雑です。というのも、膣内には膣液が3種類も流出しているのです。

ひとつは、雑菌の侵入と繁殖を防ぐために常に分泌されているグリコーゲンで、興奮とは全く関係のない液体です。約1ccしか分泌されないために、指で触ってもわかりにくいはずです。

2つめが、膣入り口付近のバルトリン腺という膣分泌腺から出る膣液です。
 
昔は、この膣液がいわゆる愛液だと医学上考えられていましたが、滑らかで粘り気の無いこの液体は、愛液とは異なるものである事が最近になって判明しました。

愛液といわれる膣液は、ムコイドという糖タンパクを含有します、独特の粘り気を持った3つめの膣液であったのです。

この液体は、女性器への刺激で膣内の温度が上昇して、膣壁の静脈の血管が充血すると、自然に膣壁全体から発汗するように滲み出てきます。

いわば、膣の汗なのです。膣内の温度が高くなるにつれて、汗の量も多くなります。

その粘り気が潤滑油となり、ペニスのインサートをサポートするわけです。


女性をセックスの虜にさせてしまうテクニックは、一度習得すれば人生に大きな変化を与えるでしょう。運転免許より実用的かもしれませんね(笑)

テーマ:不倫・セフレ・大人の出会い - ジャンル:アダルト

セックスにはさまざまな体位があります。俗に四十八手といわれますが、足の上げ下げなどを加えるとそのバリエーションは100種にも及ぶといわれています。しかし、この体位を大きく分けてしまえば、男女が向かい合うか、女性の背後にまわるかの2種類になって、これに寝る、座る、立つの姿勢を組み合わせて基本の形は10種類程度になります。

この10類のなかで男性、女性はそれぞれどの体位を好むのかアンケートを取ってみると。

男性          女性

1位 後背位 35%    正常位 37%
2位 騎乗位 23%    後背位 24%
3位 正常位 19%    騎乗位 15%
4位  座位 8%     座位 6%
5位  測位 7%     測位 6%

という結果になりました。
女性には正常位がかなりの人気を集めていますが、これは相手の顔を間近にみながらセックスできる安心感が主な理由です。

それに対し、男性は後背位がトップで、女性をおかしているという征服欲の充実からくる快感が理由です。実はここには、男性のオスとしての本能が根付いているといわれています。

狩猟民族時代は様々な外的の襲来に備えて、いつでも動けるような体制をとっておく必要がありました。それに適応する体位として、後方にさへ気を配っていれば安全な後背位はベストだったのです。実際、野生動物のほとんどはこの後背位で交尾をおこなっています。

つまり、この後背位の高支持率は、男の本能によって維持されているということになるわけです。


女性をセックスの虜にさせてしまうテクニックは、一度習得すれば人生に大きな変化を与えるでしょう。運転免許より実用的かもしれませんね(笑)

テーマ:○●無料出会い系サイト●○ - ジャンル:アダルト

世の男性にとってセックスに迫る勢いで人気のある性行為がオーラスセックスです、つまりフェラチオです。女性にとっては「顎が痛くなる」「汚い」など一般的には不評のようですが「相手の喜ぶ顔をみるのが好き」「カワイイ」などといった意見もあって、いったいどっちが多数を占めているのか判断する事は難しいです。

数年前にある雑誌の女性167人アンケートによりますと、

●大好き 16%
●好き 24%
●どちらでもない 21%
●嫌いな方 18%
●大嫌い 2%
●したことがない 15%
●一生する気なし 4%

といった結果がでています。

これによりますと、はっきり嫌いという女性は予備軍を足したとしても20%強しかいないわけで、女性がフェラチオに関してはそれほど否定的ではないといった印象を受けます。

それならば相手に嫌われることを恐れて、エクスタシーを得られる一つの選択肢を放棄するより、多少の勇気をもって女性にお願いする方がお互いスッキリとしたセックスライフを送れるかもしれません。

かといって、無理にお願いするのは考えもの。あくまで同意のもとに楽しむことが大切なのです。

テーマ:女を逝かせるテクニック - ジャンル:アダルト

ウソかマコトか、ロシア女性のセックスに関するすごいアンケート結果が発表されました。「20代女性の10人に1人は26人以上の男性とセックス経験がある」というのです。

これは女性誌「コスモポリタン」ロシア版が、モスクワなどの大都市に住む読者1700人を対象に行った調査によるもので、当地でも大きな話題を呼びました。性情報の氾濫した日本に住む我々から見ても、かなり過激です。確かにロシアには性に対してオープンな風潮がありますが、それにしても・・・。

さらに同誌によると、アンケート回答者の50%以上が「決まった相手のほかに複数のパートナー」を持ち、同じく50%以上が「(週あるいは1ヶ月にする)セックスの回数が少ない」と、自分の性生活に対して欲求不満であることを告白しているといいます。

ちなみに「セックスは週1回以上」と答えた女性は全体の約半分、「月2回」という回答が3分の1、そして何と「毎日1回以上」という女性が約10%!!かなりお盛んなようです。

ソ連時代の共産主義政権下における禁欲的な風潮の反動でしょうか。失業が高く、とくに女性の就労が困難であるという現状もこの高数値の一因になっているのかもしれません。

ソ連崩壊後、日本の風俗業界での活躍も多く伝えられるロシア女性たち。確かに、ロシアの性解禁がこのところ進んでいるとはいえ、同誌のアンケート結果には当のロシア人自身が一番驚いています。

また回答者の26%が、「これまで避妊をまったくしたことがない」と答えているという点も、なんともロシア女性らしいです。

テーマ:エロス - ジャンル:アダルト

セックスと言う行為において、一般的に女性は受身といった印象を受けますが、実際のところはどうなのでしょうか。女性だってセックスしたいと思うときはあるだろうし、時には自分から誘ってみたいと思うこともあるに違いありません。

ある雑誌のアンケートで「自分からセックスをリードしたいと思ったことがあるか?」という質問に、なんと70%の女性が「ある」と答えているのです・

その前に質問された「セックスを男性にリードされたいか?」に対しては94%の女性がイェスと答えているのを見ると、女性はセックスに対して受身であるというラインには間違いはないでしょうが、潜在意識では、ときどきは男性をリードしたい、男性を気持ちよくしてあげたい、という気持ちも存在しているという結論を導くことができるでしょう。

さらに興味深いデータがあります。

「二度目のセックスをしたくなったらどうするか?」という質問に「ペニスに触れる」という回答が35%を占めていたということです。女性は「したい」という気持ちになったら実際に行動を起こしているのです。回答で最も多かったのが「抱きしめる」の40%、他に「甘えたり、いちゃついてみる」が20%と言葉に出さずに、あくまでも行動にでるのが特徴といえます。

しかし「好きな彼に自分からセックスしたいと言える」かという質問に対しても、64%の女性がイェスと答えているのです。

ここで気をつけたいのは「言える」と「言ったことがある」というのは基本的に違うという事です。「言った事がある」女性は、ともかく、「言える」女性は気持ち的には言えると思っていても、実際には言えないかもしれないのです。その辺を考慮に入れて。男性は積極的に女性をリードしてあげるべきですね。

テーマ:エッチな体験 - ジャンル:アダルト

男にとって早漏は深刻なセックスの悩みです。自分だけよければいいと言う人はイザ知らず、相手を満足させる事ができないという不安から、セックス自体に消極的になる人も出てきて、これを手術で解消しようと考える人もいるほどです。しかし、果たしてどこまでが早漏なのか、その基準はあるのでしょうか。

アメリカの、あるメディカルセンター内の泌尿器科では、「ペニスを膣内に挿入してから、少なくとも30秒間射精を抑制できなかったもの」を早漏とみなしているらしいです。

しかしこれはあくまで医学的に、ということです。

あるアンケート調査によると、男性が挿入して射精するまで、世代別に平均何分耐えているのかの質問に対して、10代から20代が8分台、30代で10,6分、という結果がでてきました。

このデータを参考にするなら、一般的には10分程度挿入を繰り返せば平均値に達し、「早漏」のレッテルを貼られることはないという事になります。

しかし、10分以下であったとしても悲観することはありません。2分なら2分なりの、3分なら3分なりの充実感を与えればいいのです。持続時間とセックスの充実度は必ずしも一致しないのです。

女性が男性に求める重要なセックスのファクターは継続時間でも、ペニスのサイズでもありません。風俗嬢が仕事中はほとんどイクことが無いように、愛情がなければ本当のエクスタシーを感じる事はないのです。

テーマ:SEXノウハウ - ジャンル:アダルト

1回のセックスで放出する精液の量は日によって、また人によって異なるだろうが、およそ2cc~7ccと言われています。この精液に含まれる精子の量というのはある数式で表されます。

50×10の6乗×射精量

つまり、射精量が2ccだった人は約1億個、7ccの人なら3億5000万個ということになります。

しかしその一方で人間の体の精子生産量は、これまた人によって異なるのですが、およそ1日に4000万個から5000万個と推定されています。よって個人差こそあれ1日に何度も射精していては、当然精子生産量も追いつかなくなります。場合によっては3日に一度、4日に一度のセックスでなければ生産量が追いつかない人だっているわけです。

例えば1日に最大5000万個の精子を生産して、1度の射精で2ccしか放出しない燃費率の高い人がいたとします。そんな人でさえ一夜でも2度射精すれば、その2度目の精液にはほとんど精子が含まれていない事になります。

現実には射精される精液にまったく精子が含まれていないという状態はまずなくて、若干の精子が含まれているのですが、その割合は非常に少なくなります。

まぁ、精液の成分のうち90%を占める前立腺液は体内で簡単に清算されるのですから、精液が出なくなることはまずないし、たとえ精子の数が1個であっても女性を妊娠させる事はできるのですが、妊娠の確立がかなり少なくなるのは確かです。

ゆえに、子供のいない夫婦が、子供を早く作りたいが為に何ラウンドもセックスするのはあまり得策とは言えません。頑張りすぎた精子の数を十分に補給する事の妨げになるのですから。

テーマ:アダルトグッズ・ラブグッズでマンネリ解消! - ジャンル:アダルト

最近の若い男達は、セックスレス症候群というセックス自体を面倒がる傾向にあるといいます。その理由を調べてみますと、「面倒くさい」「疲れる」といった完全な利己主義からくるものです。ある程度セックスが利己的な行為だとはいえ、それで済まされては期待している女の子は幻滅してしまいます。

果たして、疲れるからセックスしないと言わせるほど、セックスというものはエネルギーを使うものなのでしょうか?

アメリカのヘラーステイン博士とゴールドバーグ博士が、セックス中の脈拍数の変化からエネルギーの消費を割り出したレポートがあります。

それによると、1回のセックスで消費されるエネルギーは平均50~75キロカロリーくらいとされています。

これではパッとしない人も多いと思います。具体的な運動に置き換えると、駆け足で階段を1階から2階へ上がる程度なのです。食物に置き換えても卵1個プラス、リンゴ1個程度。体位や激しさによっても多少の幅があるでしょうが、意外に軽い運動なのです。その程度の疲れのためにセックスしないなんてあまりにも情けないです。

女性が強いこの時代、積極的な女性に圧倒されて、主導権を失った男性側のなれの果てという気がしなくもありませんが、ここはイッパツ、男性陣に奮起してもらいたいところです。

テーマ:SEXノウハウ - ジャンル:アダルト

セックスで女性をエクスタシーに導くには前戯はかかせないものです。男性にはこの前戯を面倒がる人も多いようですが、果たしてどれくらいの時間をかけてやれば女性によろこんでもらえるのでしょうか?

アメリカで10万人にも及ぶ女性にアンケートを行った結果、実際前戯にかけている時間は5分から10分ですが、50%以上の女性が30分以上の前戯を望み、15%は1時間以上を望んでいます。

これだけ理想と現実がかけ離れると、男性諸君は奮起するか嫌気がさすかのどちらかでしょうが、この時間を短縮させる裏技がないわけではありません。

女性、これは男性についてもいえることなのですが、エクスタシーを感じているときは1分が10分にも思えることがあります。これを利用しない手はありません。

多くの女性は膣の中にペニスを挿入されなくても、クリトリスを上手に刺激されることによってオーガズムに達することができます。

クリトリスはかなり敏感な場所だけに、いきなりの愛撫はさけたほうがよいですが、ほど良く濡れてくれば感度も抜群です。

クリトリスを10分愛撫することで、女性に前戯30分に値するエクスタシーを味わってもらえば、きっと短時間で満足してもらえます。

これは、あくまで裏技的なものですので男性はクリトリスだけに依存しない時間をけた丁寧な前戯を身につけて彼女をエクスタシーに導くことが肝要です
セックス中の男女に各種測定器をつけ、その結果を大型コンピューターで脳波と様々な体の変化を分析。その結果、性的に興奮すると視床下部から特殊な脳波、シータ派が出てくるということが判明しました。

このシータ派が絶頂時に発生する時間は、女性なら20秒から45秒で平均すると23秒、これに対して男性の場合は1,5秒から3秒、平均1,7秒になり、女性に比べて問題にならないくらい短いのです。

この時間差によって、お互いが同時に「イク」タイミングにズレが生じて、女性が男性に早漏だと勘違いすケースが多いのですが、このタイミングをはかる方法というものはあるのでしょうか?

興奮曲線というものがあります。これは色々な雑誌で取り上げられることが多いのですが、その真偽は信用しがたいのもがあります。それは女性が興奮している事を示す発刊量や心拍数のほか、いったい何を根拠に作られたかわからないグラフだからです。

しかし、シータ派の発生を参考にすれば、この興奮曲線も正確に描く事が出来ます。これに照らし合わせると男のピーク、つまり射精の後でも女性のエクスタシーはまだ平均8秒前後、継続している事がわかるのです。

これは男性の射精と女性のエクスタシーの間には平均8秒のズレがあることを示しています。まさにこの8秒のズレが女性を絶頂感に導く上で大きな障害となっています。

女性側からすれば、女性はまだエクスタシーの快感に酔っていたいのに男性だけさっさとイッてしまって途中で放り出された錯覚を覚えるのです。

これを克服するための方法は存在ます。女性に最後までエクスタシーを味わってもらうためにこの8秒のズレを修正するのです。

男性はエクスタシーを感じ、いよいよ射精という状況になったら、いつもより8秒間ガマンするのです。8秒待つ。たったこれだけの努力によって女性にエクスタシーを与えることができるというわけです。

長ければいいというものでもありません、あくまでも女性と波長を合わせる。タイミングこそが女性にエクスタシーを与える最高の要素なのです。

テーマ:SEXノウハウ - ジャンル:アダルト

// HOME //
Copyright:(C)2007~2009 セックステクニック&セックス雑学. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。